♫ 講師プロフィール

講師のプロフィールは教室選びの重要ポイントです。私たちは音楽大学・国立大学教育学部を卒業し芸術学士の称号を持つプロの音楽家です。確かな実績・指導の私たちにお任せ下さい!


代表取締役:伊藤康博(原分町教室担当)

桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。 高校在学中には、長崎県高等学校音楽コンクールピアノ部門にて3年連続金賞受賞。全九州高等学校音楽祭に特別出演。
大学卒業後は、新宿文化センターにてジョイントコンサート、西日本新人オーデション合格者コンサート等にも出演し、本格的にコンサート活動を開始する。
ピアニストとしては数回にもおよぶリサイタルや地元オーケストラと数回にわたり共演。 海上自衛隊佐世保音楽隊とも共演し、その模様はケーブルテレビにて放送されるほか、長崎新聞、自衛隊新聞にも記事として紹介される。
また、故安永武一郎氏(元九州交響楽団名誉指揮者で、ヴァイオリニスト安永 徹氏の父)とも共演し、髙い評価を得る。 室内楽や声楽等の伴奏にも定評があり、北九州芸術祭にて伴奏賞を受賞する。
指導者としては、音大進学者やコンクール優勝者・入賞者を多数育成し、現在も多種多様なコンクールの審査委員も務める。
2012年~2014年までは、佐世保の新しい文化の祭典『させぼ文化ウィーク』の実行委員長。
1994年~2014年までは長崎短期大学非常勤講師を務める。
2009年から2021年までの12年間インターネットFM“はっぴぃFMクラシックの処方箋”のパーソナリティを務め幅広い層を対象にクラシック音楽の普及にも力を注ぐ。
2014年より東京のIT企業の音楽部門アドヴァイザーに就任。インターネット回線を使用したピアノレッスンを、全国・世界ののべ200名を超える生徒さん(アメリカ、カナダ、ドバイ、イスタンブール、韓国、ハワイ、メキシコ、タイ、シンガポール等)を対象におこなっている。
現在R.M.S音楽院(株)代表取締役、佐世保市音楽協会常任理事、佐世保文化協会理事、国立佐世保高等専門学校音楽講師、日本クラシック音楽コンクール審査委員、ヴェルデ音楽コンクール審査委員、カフェトーク音楽アドヴァイザー、FM佐世保評議員。

 


伊藤美紀(祇園町教室担当)

東京音楽大学音楽学部声楽科声楽専攻卒業。 指導者としては、音大進学者やコンクール入賞者育成に力を注ぐ。

演奏者としては、2012年アルカスSASEBO開館10周年記念オペラ『秘密の結婚』の練習ピアニストを担当。同年12月には、佐世保子供劇場創立40周記念人形劇『火の鳥』(手塚治原作)にて、火の鳥合唱団の指導を行い、本番の指揮も担当する。

2012年~2013年にかけては長崎短期大学市民公開講座に客演として出演。地域住民のための文化活動にも力を注ぎ、長崎県立松浦高等学校定期演奏会や柚木中学校、日野中学校のスクールコンサートを企画・出演。 サロンコンサートや各種イベントでの演奏でも活躍中。

中学校の音楽講師を経て現在R.M.S音楽院(株)取締役兼講師(ピアノ・声楽)。

 

 

 


福岡 彩 (原分町教室・幼稚園教室・練習サポート担当)

長崎大学教育学部音楽コース卒業。
ピアノをR.M.S音楽院で伊藤康博、声楽を中武幸嗣各氏に師事。
平成23年より長崎市内の保育園に勤務。
平成28年より佐世保市内の保育園にて知育レッスンを担当し現在に至る。

令和元年6月からはR.M.S音楽院講師としてピアノとリトミック、知育レッスンを担当する。所有資格は高等学校教諭1種免許、子育て支援員。

 

 

 

 

 

 


小川貴之(原分町教室・練習サポート担当)

国立音楽大学卒業。
クラシック音楽にとどまらず、様々なジャンルの音楽に携わり、ライブハウスでのコンサートや幼稚園、小学校など多数のコンサートを行っている。また作曲、編曲なども多数手掛けている。

ピアノ講師として自身のピアノ教室、RMS音楽院(株)ピアノ講師として後進の指導にあたり、その他「コールIZUMI」「金子みすゞを歌う会」ゴスペルグループ「RAINBOW」「川棚少年合唱団」キーボード教室「ドレミ」「ブリランテ」などで指導を行っている。
演奏活動ではP-BA、i Harmonics、音楽宅急便kikiのメンバーとして活動している。

 

 

 

 

 


大宅露美(幼稚園教室担当)

熊本音楽短期大学(現、平成音楽大学) 器楽科電子オルガン専攻卒業。 電子オルガンを脇山純氏、平原寿子氏に師事、ピアノを別城博士氏、JAZZピアノと理論を野田正純氏に師事。

音楽教室講師としてレッスンをする傍ら、これまでに各種イベントやパーティー、小学校、幼稚園、老人施設などでのジャンルを超えた演奏活動を行う。 中学校音楽2種免許、HAMMOND指導資格、HAMMOND演奏グレード、教育コーチング初級の資格を所有。

 

 

 

 

 


特別講師:中村美保子(発達障害etc.支援のための音楽特別レッスン・カウンセリングetc.担当)

国立音楽大学 音楽学部声楽学科卒業。
7歳よりピアノを15歳より歌の勉強を始める。
高等学校音楽コンクールピアノ部門・声楽部門それぞれにて2年連続1位・銀賞を受賞。
声楽を真嶋美彌、ピアノを後藤三季、伊藤康博、中山富美子、作曲法および指揮法を高浪晋一各師に師事。

在学中より作曲を始め、現在ではポピュラーのボーカルと同時にあらゆるジャンルのイベントで作曲・編曲活動も行っている。

作曲きおける代表作品
「コナミ・アカデミー・アワード2002」   オリジナルイベントミュージック
2002年4月26日 東京国際フォーラム
インターネットラジオ
「斉藤洋美のラジオはアメリカン」 インターネットラジオ コーナーテーマソング
FM世田谷「斉藤洋美のシネマドンナ」  斉藤洋美公式サイト「メインタイトル」
東京お台場 「大江戸温泉物語」 イベントソング
文化庁日台交流イベント「よさこい」音楽作成(2005年度、2006年度)その他各種イベントのテーマ作成,音楽団体への楽曲提供で活躍中。

8年前より、発達障がいを抱えたお子さまの教育に携わり、音楽と発達障がいの重要性についての理解を深めるべく、令和3年度現在、特別支援学校教員2種免許を取得予定。
また、放送大学、心理と教育コースにて心理学を学び、発達障がいを抱える保護者やお子さまがたの心に癒しを提供すべく、心理師の資格取得のため、日夜研鑽に励んでいる。